療育のへや

療育や心理学に関する、体験・書籍・論文の情報共有をしていきます。ADHD・うつ病体験記も。

同性カップルの引っ越し事情 引っ越しレポ➁

タイトル

こんにちは!

 

前回の引っ越しレポ①では、うつ病で無職だと家を借りられないという悲しい現実をまとめました…

 

yotto.hatenablog.com

 

 

今回は、「同性カップルの引っ越し事情」という観点からまとめていきたいと思います。

 

 

前提

 

yotto.hatenablog.com

↑こちらの記事でも書いていますが、私は「パンセクシュアル」というセクシュアルマイノリティです。

 

パンセクシュアルを日本語で言うと「全性愛者」となり、「性別関係なくすべての人が恋愛対象になりうる」ということを指します。

 

私は、現在同じ女性のパートナーがいます。

 

 

普通の不動産屋で言われたこと

一緒に住むことになり、家探しをはじめたばかりのころ。

 

住みたい地域を散歩してみることになり、その足で不動産屋にも入ってみました。

 

その時に言われたのがこちら。

 

ルームシェアは破綻する可能性があるからねー。家族ならOKな物件もおおいんだけど。ちなみに男性のルームシェアはもっと難しいよ。だって、ねぇ、ゲイだったら近所の噂とか、大家さん気にするじゃん?」

 

 

最悪な不動産屋に来てしまったと思いました。

 

もちろんその不動産屋では何も見ず早期撤退。

 

 

しかし、他の不動産屋は口に出さずとも、同じようなことを思ってる人が多いのかなぁと思いました。

 

私たちは結婚指輪をしているため、それを見られた段階でアウトな不動産屋も多そうです。

 

LGBT特化の不動産屋に行ったが…

「普通の所でムダに傷つきたくない!LGBTフレンドリーなところにしよう!」

 

と決めて、ネットで調べまくり、「アイリス」という会社にお願いすることになりました。

iris-lgbt.com

 

しかしここでも、LGBTだからという理由で弊害が…

 

物件を探している段階で、

「家族ならOK、カップルならOKというところは多いですが、同性カップルでもOKというところはなかなかなくて…物件が絞られてきます」とのこと。

 

世間はまだまだLGBTへの風当たりが強いようです。

 

 

LGBTフレンドリーな不動産屋に頼むメリット

大家さんや管理会社に、「同性カップルでもいいか」という許可をとってくれて、当事者が傷つくのを防いでくれます。

 

内見の時の雑談なんかも、普通に二人のことを聞いてくれて、全く偏見がない人と一緒にいるとこんなに楽なのか~と思いました。

 

鋼のハートがある人なら、普通の不動産屋でもいいと思いますが、そうでない人たちはLGBTフレンドリーなところにお願いするのが良いと思います。

 

 

無事引っ越せることに!

審査が通るのかという不安もありましたが、無事に審査にも通り、引っ越し屋さん等の手続きも済みました。

 

あとは契約に行って、引っ越すだけです!

 

引っ越した後の、同性カップルの同棲事情編は、こちらのサブブログで書いていきます!

yotto-syuusyoku.hatenablog.com

 

無事に引っ越して、新生活スタートできますように!

 

 

療育に子どもが行きたがらない時、どうしたらいい?

タイトル

今回は、お子さんが児童発達支援や放課後等デイサービスに行きたがらない時の対処方法を3つご紹介します。

 

 

元放デイ職員のよっとが、経験談も交えながら解説!

 

 

 

①理由を聞いてみる

行き渋り時の対応として、まず思いつくのが「なんで行きたくないの?」と聞くことでしょう。

 

自分の気持ちを言葉で表現するのが難しい子には、「○○だから行きたくないの?」などと、考えられる要因を伝えて、そこから選べるようにすると良いです。

 

すんなり理由を言ってくれれば苦労しないよ!という方も多いかと思います。

 

嫌なこと等されてないかは要確認

もし療育に行きたくない理由を言ってくれなくても、「療育先で誰かに嫌なことをされていないか」は徹底的に確認しましょう。

 

最近では、保育士の体罰のニュースがたくさん報道されていますし、他児だけでなく職員からも嫌なことをされていないか確認が必要です。

 

お子さんに聞くだけでは不安という方は、療育施設に電話で聞いてみるのも◎。

 

何かあれば、きっと包み隠さず教えてくれるはずです。

 

 

➁ご褒美をあげてとりあえず行ってみる

ご褒美

その時の気分や、「まだゲームをしたいから」というような理由で行き渋っていそうな場合は、ご褒美をあげる約束をして、とりあえず行ってみるのも◎です。

 

「療育に行った帰りにチョコ買おうね」などの、簡単なご褒美でOK。

 

 

実際に、私が放デイで働いていた時に、来た時はものすごく文句を言って帰りたがっていた子が、実際活動に入るとニコニコ楽しそうで、帰り際に「まだ帰りたくない~」と言っているお子さんがいました。

 

その時の気分に忠実なお子さんも多いので(時間間隔が弱いとより一層そうなりがち)、来てみたら楽しかった!というケースも多いです。

 

「行っちゃえば楽しい」を繰り返していくことで、自然と行き渋りも減ってくるはずです。

 

まずは、ご褒美をあげてでも、「行ってみる」を実践できると良いです(ご褒美くれなきゃ行かないもん!と言い始めたら要注意)。

 

 

③療育の職員に相談してみる

個人的に、一番とってほしい行動が「職員に相談する」です。

 

誰かに嫌なことをされたとか、苦手な活動を前回したとか、そういった情報を職員は持っているので、相談するのが一番手っ取り早いことも多いです。

 

職員も行き渋りの原因がわからなかったとしても、活動の中で上手く聞き出せる可能性もあります。

 

実際、私が行き渋っていた子を担当した時、「来るときはムカムカしてたんだよ」と理由を教えてくれたこともありました。

 

また、「親には言いづらいけど職員になら言える」というケースもあります。

 

 

軽めの行き渋りでも、お休みするほどの行き渋りでも、とにかく職員に一言伝えていただけると、対応を考えられるので職員は喜びます!

 

ぜひ気軽に相談してみてください。

 

 

まとめ

療育に行き渋りをする時の対処方法を3つご紹介しました。

 

「療育先で嫌なことをされていないか、嫌なことはなかったか」は、とても重要なので、ぜひ確認してみてください。

 

行き渋り以外にも、どんなに些細なことでも職員はお話をお聞きしますので、気軽に相談してみてください!

 

 

こちらもおすすめ

yotto.hatenablog.com

 

yotto.hatenablog.com

 

 

音楽なし・1万円 最強AIノイズキャンセリングイヤホン【発達障害・聴覚過敏におすすめ】

タイトル

今回は、音楽なしでノイズキャンセリング機能が使える、ワイヤレスイヤホンをご紹介します。

 

↓前回、こちらの記事でもノイズキャンセリングイヤホンをおすすめしましたが、

yotto.hatenablog.com

 

今回おすすめするものの特徴は、

・AIノイズキャンセリングがついている

・イヤホン同士が線で繋がっているので失くしにくい

・男性でも使えるデザイン

となっております。

 

1万円ほどで買える、音楽なしで使える高性能なノイズキャンセリングイヤホンについて知りたい方は、ぜひご覧ください!

 

 

ADHDで聴覚過敏持ちのよっとがご紹介します!

 

 

 

ソニーのワイヤレスイヤホン

 

今回ご紹介するのがこちら。

 

私は家電量販店で買ったのですが、今Amazonで見たら8700円でした。

 

色は、黒・白・赤の3種類あるよう。

3種類の色



前回ご紹介したものは、デザインがとてもかわいかったですが、こちらはシンプルでいいですよね。

 

 

機能

今回紹介するソニーのものは、前回ご紹介したイヤホンよりも、ノイズキャンセリングが格段に強くなっています。

 

ノイズキャンセリングイヤホン

こんな外見

 

音楽なしでノイズキャンセリング

 

音楽を流さなくても、スマホBluetoothでつなぐだけノイズキャンセリングが使えます。

 

↓「NC」と書かれている部分がノイズキャンセリングのボタンで、スライドさせるだけでノイズキャンセリングのオンオフができます。

ボタン

 

AIノイズキャンセリング

AIノイズキャンセリングというものがついています。

強そうですよね、さすがソニー

 

AIノイズキャンセリングについて書いてあった文章を、以下に引用します。

 

周囲の騒音を分析し、最適なノイズキャンセリングモードをボタンひとつで選択するAIノイズキャンセリング機能搭載

 

書いてあった通り、部屋の中と駅のホームでは、ノイズキャンセリングの感じが変わっていました。

 

通話が快適

 

イヤホンがくっついている根元の部分に、マイクもついています。

 

そこがクリップのようになっているため、↓

クリップ部分

クリップになっている

通話する時に胸元にクリップをつけておけば、声をしっかり拾ってくれます。

 

完全独立のイヤホンにマイクがついているタイプだと、雑音を拾ってしまいがちです。

 

ですが、このようなクリップタイプなら、自分でマイクの位置も調整できて、快適に通話ができます。

 

 

USB充電可能・バッテリー持ちもいい

USBで充電ができます。

 

バッテリーの持ちですが、昨日片道3時間ほどかかる場所へ出かけて、往復でずっと音楽を聴いていても、充電がなくなりませんでした。

 

 

まとめ

 

ソニーノイズキャンセリングイヤホンをご紹介しました。

 

1万円しないで買えるので、ノイズキャンセリングが初めてな方でも、手に取りやすいかと思います!

 

クリップが邪魔に感じるときもありますが、通話の時はそれがとても役に立つので、そこまで欠点ではないなと感じています。

 

 

 

こちらの記事では可愛いノイズキャンセリングイヤホンをご紹介

yotto.hatenablog.com

 

【zoomでオンライン療育】何をする?効果は?どんな子が向いている?

タイトル

今回は、zoomを使ったオンライン療育でどんなことをやるのかや、zoomならではの効果について、元放課後等デイサービス職員のよっとがまとめていきます。

 

zoom療育をまだ使ったことのない方や、距離的にお子さんと一緒に通所するのは無理だからと個別療育を諦めていた方は、ぜひご覧ください!

 

どんなタイプの子がzoomと相性いいのかな?

 

 

 

zoomでオンライン療育の内容

まずは、オンライン療育でどんなことをやるのかについて紹介していきます。

 

個別療育の事業所では、多くの場合指導員と1対1で、苦手なことを練習したり、得意なことを伸ばしたりします。

 

zoomでもそれは同じで、ただ画面越しになる分、難しいこともあります。

 

例えば、お箸の練習は、対面なら見本を見せたり実際に手の動きをサポートしたりできますが、zoomだと難しいですよね。

 

このように、活動に制約が出てきてしまいます

 

 

私がいた事業所では、プリントを画面共有して一緒に解いていったり、SSTの課題に取り組んだりしていました。

 

また、ひらがなの読みをカードを使って行ったり、体幹レーニングを動画で共有して一緒にやったりもしていました。

 

余暇活動として、プログラミングが好きなお子さんに画面共有してもらって、プログラミングの意味等を説明してもらうなどもやっていました。

 

 

期待できる効果

zoomでの療育ならではの期待できる効果を3つ紹介します。

 

説明力がつく

zoomは画面越しなので、「これ」とか「あっち」などと言っても、相手には伝わりません。

 

たとえば、「2+3+4」という問題を解いている時、「これとこれを足したら7で、7とこれで…」というように説明をするお子さんがよくいます。

 

実際に「これ」と言っている時は画面を指さしているのですが、そこで「これって何のこと?」と質問すると、相手のことを考えて説明する練習になります。

 

 

私がよくやっていた課題は間違い探しです。

 

画面を見て間違い探しをやってもらうと、「ここが違う!」「ここって何のこと?」「えーと、女の子の帽子の色が違う!」のようなやり取りが無限に繰り返されます(笑)

 

そうやって、徐々に相手目線に立って説明する力がついていきます。

 

 

集中する練習になる

ずっと座っているのが苦手なお子さんや、同じものにずっと注意を向けるのが苦手なお子さんは、zoomをやること自体が苦手克服に役立ちます

 

もちろん、適宜休憩やストレッチなどは入れますが、「こんなに集中しているのは初めて!」と、後ろで見ていた保護者の方がおっしゃってくれる場面がよくありました。

 

対面だと注意が逸れやすいお子さんでも、画面越しだと画面にだけ集中していればいいので、やりやすいのかもしれません。

 

 

自分から発言する力がつく

zoomだと、対面よりも表情がわかりづらいです。

 

そのため、「わかってなさそうだな」と先回りして大人が察するのが難しくなってきます。

 

わかってないのに話を先に進められると、自分から質問するのが苦手だったお子さんも、「ちょっと待って!わかんない!」などと言ってくれることが多くありました。

 

 

また、途中で鉛筆を取りに行きたいときなどに、最初は無言で画面の前からいなくなっていたお子さんも、何度か自己申告してから行くことを続けたら、「鉛筆持ってきます」と言ってから離席するようになりました。

 

このように、自分から相手に伝える力がつくのもzoomの特徴です。

 

 

こんなお子さんは向いている!

zoomでの療育を実際にやってみて、こういうタイプのお子さんには効果が高いなと思った例をいくつか挙げていきます。

 

まずは、説明をするのが苦手なお子さん。

 

先ほども書きましたが、つい「ここ」「そっちが~」という指示語ばかり使ってしまうお子さんは、zoomで相手にわかるように説明する練習がとても効果的でした。

 

 

他には、行き渋りのあるお子さん。

 

家から一歩も出ずに支援を受けられるので、「自分の部屋でやっていいならいいよ」と言ってくれるお子さんも数名いました。

 

パソコンが好きだったり得意だったりすると、画面共有してもらって作ったものなどを見せてもらえるので、関係性もかなり良くなりました。

 

 

また、聴覚過敏があるお子さんは、zoomだと快適に過ごせているようでした。

 

いくら部屋が分けられているとはいえ、他のお子さんの声が聞こえて、苦痛に感じるお子さんは、家で安心して支援を受けられるのがよかったようです。

 

 

距離や送迎の都合で諦めていた個別療育を利用できるかも

 

「個別の療育に通いたいけど、近所になくて…電車で通うのも難しそう…」

と思っていた方は、zoomであれば気軽に始められるかもしれません。

 

本来、zoomでの療育は、『コロナ感染リスクを避けるため』という目的のもとで使われていますが、当面の間コロナはおさまらないと思いますし、実際に送迎が難しいからこの日はzoomで!という方も多くいました。

 

契約や初回の何回かは、お子さんの特性を掴むために来所していただくかもしれませんが、今であればzoomでの療育ができる可能性が高いです。

 

個別療育を諦めていた方はチャンス!

 

 

まとめ

zoomの個別療育の特徴や効果についてまとめました。

 

zoomでの療育が気になっている方は、お近くの児童発達支援や放課後等デイサービスに問い合わせてみてください!

 

また、zoom療育等に関して、元放デイ職員の私に質問がありましたら、お気軽にコメントください!

 

関連記事

yotto.hatenablog.com