療育のへや

療育や心理学に関する、体験・書籍・論文の情報共有をしていきます。ADHD・うつ病体験記も。

大人にもおすすめ絵本『にげてさがして』著:ヨシタケシンスケ

こんにちは!

 

今日は、たまたま見た絵本があまりにもよかったので、紹介したいと思います。

 

ヨシタケシンスケさんの『にげてさがして』という絵本です。

 

にげてさがして

にげてさがして

Amazon

 

以下、軽いネタバレになります!

ネタバレ

 

 

 

 

 

 

世の中には、相手の気持ちを考えられない想像力のない人がいます。

そんな人から逃げるために、あなたの足はあるのだ、と書いてあります。

 

また、あなたの足は、「あなたをわかってくれる人やもの」を探して、その人のところに行くためにもあるのだそう。

 

人は、動くかどうかを自分で決められます。

動かないのも自分の意志、動いて変わるのも自分の意志です。

 

やばい人から逃げて、自分を理解してくれる人やものを探しに行ってみよう。

 

 

というような内容でした。

 

 

 

 

ネタバレなし感想

 

発達障害セクシュアルマイノリティである私は、自分のマイノリティ性を強く感じていました。

 

うつになってからは、さらに孤独に感じていました。

 

でも、自分の意志で、私は自分の理解者を見つけることができるし、自分を変えることもできるのです。

 

 

たぶん、私と同じように、なんらかのマイノリティ性がある方には、この絵本はじーんとくる部分があると思います。

 

こんなにおすすめしたいと思った絵本は久々です。

 

本当に良かったので、ぜひ読んでみてください!

 

 

にげてさがして

にげてさがして

Amazon

 

 

↓私の好きな絵本↓