療育のへや

療育や心理学に関する、体験・書籍・論文の情報共有をしていきます。ADHD・うつ病体験記も。

放課後等デイサービス職員の1日を紹介します!

こんにちは!

今日は、放課後等デイサービスで働いている私の1日をご紹介します。

 

放デイへの就職を考えている方や、放デイを利用していて職員がいつも何しているのかがちょっぴり気になっている保護者の方などにおすすめです!

 

 

①勤務時間

 

療育型の放課後等デイサービスで、フルタイムで働いています。

療育型って何?と思った方は、こちらの記事をお読みください↓)

yotto.hatenablog.com

 

勤務時間は、お子さんたちの学校がある日(平日)と、学校がない日(土日や夏休みなど)で変わります。

多くの放デイがそうだと思います。

 

今回は、お子さんたちの学校がある日についてご紹介します。
(身バレ防止のため、少し内容はぼかしてあります)

勤務時間は、10:00~19:00で、昼休憩が1時間です。


➁放デイ職員の1日

 

9:50 出勤

 他の多くの会社とは出勤時間がずれるので、電車が空いている。

 

10:00 ミーティング&掃除

 昨日あったことの情報共有と、今日誰がどの子を担当するのかなどを話します。

 今回は、お子さん3人(1時間×3コマ)を担当する日とします。

 

10:20~12:00 支援準備

 一人ひとりに合った支援をするために、今までの記録や支援計画を参照して、どんな支援内容にするかを考えます。

 

12:00~13:00 昼休憩

お昼は弁当派です

 

13:00~14:00 支援準備の続き

 

14:00~15:00 支援①

 1人目のお子さんの支援です。

 実際の支援が終わったら、保護者の方にお話する時間があります。

 今日の様子や、今後やっていきたいことなどをお話します。

 

15:00~16:00 支援記録

 支援の記録は毎回行います。支援内容や、お子さん・保護者の反応も記録します。

 

16:00~18:00 支援➁③

 連続で支援に入ることもあります。準備でバタバタします……

 

18:00~18:40 支援記録

 

18:40~19:00 ミーティング

 今日あったことや、共有事項などを話します。私は基本定時で帰っています。



③おわりに

 

なにもない平和な日は、このような感じで働いています。

 

これ以外にも、イベントを行ったり、その準備をしたり、お子さんの様子を見に学校に行ったりと、色々な業務があります。

 

就活の話も今後しようと思うので、放デイに興味がある方はぜひ見てみてください!